韓国人「韓流復活!!!日本、中国はイライラしてるだろうな」

45pt   2018-04-16 18:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

「また、韓流が吹く」…中国芸能輸出再開、日本でもKポップがチャート席巻


韓流復活するか

少しずつ解ける「中国の限韓令」
中国の動画ストリーミング会社「テンセント」
オーディション番組「プロデュース101」のリメイク
来月韓国ゲームエキスポにスタッフ参加予定

日本では嫌韓を超えKポップ再び人気
CJ E&M「ケイコンジャパン」に6万人集まって
「トゥワイス」すべての曲が、YouTube再生回数1億超え
「防弾少年団」のアルバム販売量50万枚を突破


20180416-05.jpg


韓流が復活する兆しだ。限韓令(韓流禁止)と嫌韓(韓国嫌悪)雰囲気で萎縮された中国と日本国内の韓流が再点火されるとの信号が検出されている。中国では2016年の「太陽の末裔」の後止まってしまった韓国ドラマ放映と映画、アニメ上映などが予定されている。日本では7年ぶりにKポップを中心に再び韓流が広がっている。両国とも韓流20年を導いてきた主な拠点だっただけに、今年から韓国コンテンツの輸出が大幅に増えるだろうという期待が高まっている。

中国と日本で韓流再点火

中国韓流解氷の雰囲気が一番最初に目を引く。

13日、業界によると、中国のオンライン動画ストリーミング会社テンセントはMnetのオーディション番組「プロデュース101」をリメークした「創造101」を来る21日から放映する。来月10日には試合コンテンツ振興院が主催ゲーム産業イベント「プレイエキスポ」に従業員を大挙参加させる予定である。


20180416-06s.jpg


昨年一編の韓国映画も招待しなかった北京国際映画祭は、今年「軍艦島」「その後」など韓国映画7本を招待した。 15~22日の映画祭開催に先立ち、6日から北京市内の劇場で韓国映画が事前上映されている。映画「神と共に」は、地元の公開のために審議を受けている。来る26日から5月1日まで杭州で開かれる「中国国際マンガ・アニメフェスティバル2018」にも韓国企業20カ所がブースを開き、作品50編余りの輸出相談をする予定である。

昨年一年の間、中国内の韓流コンテンツの輸出相談とパンホ(ゲームサービスのパーミッション)を発行した件数は0件であった。一方、文化体育観光部に受理された国内のコンテンツ産業の中国の事業被害事例は60件余りに達した。ギムギホン韓国コンテンツ振興院北京ビジネスセンター長は「韓国コンテンツを審議すらしなかった中国で、今では審議の手続きが一、二段階ずつ進む場合が目撃されている。」とし「徐々に解除されるという期待も同時に大きくなっている。」と伝えた。

日本では13~15日に千葉県で開催されるCJ E&MのKポップ公演「ケイコンジャパン」に6万人を超える観客が集まる見込みだ。イベント初年度であった2015年の観客数(1万5000人)の4倍を超える。 2016年「微生物」放映後、取引が途絶えていた韓国ドラマの日本のTV放映も再開された。ドラマ「記憶」、日本版先月21日からフジTVで、「シグナル」をリメイクしたドラマも去る10日からKTVで放映されている。これを含む計7編が、今年、日本国内の電波に乗ると思われる。

「規制少なく波及力の大きい中国のOTT活用」

韓流の復活の流れは、新しい方法でコンテンツにアクセスが可能となった影響が大きい。以前は放送局などを通じた輸出がすべてだったので、政治的問題で簡単に影響を受けた。最近このような問題を軽くバイパスしながらも波及力が大きい経路で突き抜けている。

中国では「プロデュース101」をリメークした「創造101」の放映が開始されOTTプラットフォームを通じた進出が加速する見通しだ。この市場にグローバル企業ネットフリックスはまだ進出していなかったがテンセント、アイチイ、ユクなど現地OTTプラットフォームが急速に成長している。ギムセンター長は「中国では地上波や衛星TVのゴールデンタイムに、他の国の作品の放映が難しく、YouTubeも遮断されている」とし「このため風変わりなコンテンツを楽しもうとする若い層がローカルOTTプラットフォームを多く利用している」と説明しした。

これら捕らえるためのローカルOTTプラットフォーム間の競争もますます激しくなっている。ある放送局の中国の事業部門の関係者は「競合他社とは差別化されたコンテンツを確保するために韓国作品のを供給を受ける事を望んでいる共同コンテンツ制作のオファーもある」とし「検閲と組み合わせた規制が少なく韓国製作会社も好まれている。」とした。

日本では、YouTubeに乗って「ヒップ韓流」の拡散

日本では、YouTubeやソーシャルネットワークサービス(SNS)を介して、韓流が復活の兆しだ。特にアイドルグループトゥワイスは、この経路を介して大きな人気を得た。 2015年10月にデビュー以来発表したすべての曲は、YouTube再生回数1億件を超えた。昨年、日本で海外の歌手の中で唯一の「ダブルプラチナ(アルバム販売量50万枚を突破)」を達成した防弾少年団の影響が大きい。防弾少年団は、日本だけでなくアメリカ、ヨーロッパでも韓流の新たな地を開いたという評価を受けている。

韓国コンテンツ振興院は、防弾少年団が見せてくれた 「ヒップ韓流」を「2018コンテンツトレンド予測」に挙げた。ヒップ韓流は「個性が強く、新しいことを目指している」という意味の「ヒップ(hip)である」という新造語と「韓流」を組み合わせた言葉である。むやみに公演とファンミーティングを進行する方式ではなく、YouTubeとSNSなどを活用して、グループ全体はもちろん、メンバー別の個性を強く表出する方式である。最近、多くのアイドルグループが海外進出を念頭に置いて防弾少年団に沿って、このような戦略を駆使している。グォンオテコンテンツ振興院対外協力室長は「防弾少年団のように、YouTubeやSNSを積極的に活用することはもちろん、より繊細で多様化された方法で、海外に進出しようとする動きが出てくる」と予想した。


韓国経済
https://goo.gl/CYmJMt



   特亞ニューストップページへ
特亞ニュースの話題が沢山。