海外「日本は凄いブームは間違っていた?」英国在住の谷本真由美さんが反日本を出版して話題に

42pt   2018-09-15 00:30
世界の憂鬱 海外・韓国の反応


 海外の反応 


いわゆる「日本は立派だ」ブームは間違っていた。「おもてなし(日本の文化特有の客に対する手厚い接待)」は外国人に迷惑になる、日本の職場は無駄な会議があまりにも多い、政治には関心がなくても牛丼が10円値上がりしたら大きな騒ぎが起こる。」

975ba143.jpg

最近、日本で「日本は立派だ」ブーム(ホルホル)が広がっていく中で、この様に日本文化に対する幻想を破る本が日本国内で出版され、人気を集めていると東京新聞が14日報道した。

「日本は立派だ」ブームは、行き過ぎた愛国心を助長する日本社会全体の雰囲気だ。安倍晋三政権発足後、日本ではTVなど、大衆媒体と政治家の口を通じて'日本が最高だ'は式の自慢が多くなった。

このような中、「世界でバカにされる日本人」というタイトルの本が最近出版されて発刊1週間ぶりに増刷が決定される人気を集めている。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5597388&name
   特亞ニューストップページへ
特亞ニュースの話題が沢山。