戊辰戦争、二本松藩戦死者の霊牌を発見、身分区別なく慰霊…「戦死者を等しく慰霊した先人の行いが素晴らしい」!

14pt   2018-09-15 04:55
軍事・ミリタリー速報☆彡

1: 樽悶 ★  《 二本松藩丹羽家の居城だった霞ケ城公園(二本松市)の丹羽霊祠(れいし)殿(通称・丹羽神社)から、戊辰戦争の二本松藩戦死者を弔う約100年前の霊牌(れいはい)が大量に見つかった。霊牌は全て同じ形で約80柱あり、戊辰50年の慰霊祭に合わせて作られたとみられる。

 霊牌には武士や農兵の名前が記され、二本松市の担当者は「当時の二本松藩関係者は戦死者を身分で区別せず、等しく慰霊した。戊辰150年の節目や先人の思いを考える上で貴重な史料だ」とした。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

60e375ab.jpg
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180830-302484.php
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535778649/
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5639450&name
   特亞ニューストップページへ
特亞ニュースの話題が沢山。