韓国人「日本東京都、2020年オリンピック前に嫌韓デモ名簿を公表する」

34pt   2018-09-15 07:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

日本東京都、2020年オリンピック前に嫌韓デモ名簿を公表する


「公共施設で嫌韓集会禁止」を含む条例案を用意…来年4月に施行目標

日本の東京都がヘイトスピーチ(hate speech・特定集団に対する公開差別・憎悪の発言)を抑制するための条例案を作ることにした。

前に神奈川県川崎市でヘイトスピーチに関連する集会場所に公共施設の利用を制限する内容などを盛り込んだ条例を制定している。

しかし、広域地方自治団体である都道府県がヘイトスピーチ防止のための条例制定を推進することは、東京都が初めてだ。

13日の毎日新聞によると、東京都が用意した条例案は嫌韓デモなどヘイトスピーチ関連集会に見える場合、公園などの公共施設の利用を制限する内容が盛り込まれた。

また、ヘイトスピーチ行為や、このような主張を盛り込んだデモをした団体や個人の実名を公表できるようにする内容も含まれていた。

またヘイトスピーチ発言や行動、デモなどの内容を盛り込んだ動画がインターネットに掲載された場合、これらの者に削除するように要求するようにした。


20180915-10.jpg

日本の市民「ヘイトスピーチ」抗議で講演会阻止。6月3日午後、日本神奈川県川崎市教育文化会館で開かれようとした講演会がヘイトスピーチに反対する市民の抵抗で中断された。 2018.6.3



東京都は、表現の自由の侵害論議を避けるために、特定の行為や集会がヘイトスピーチかどうか、個人や団体名を公表するかどうかについては、学者たちが参加する第3の機関で審査するようにする方針だ。

東京都は19日に開会される議会に条例案を提出する計画である。東京都は、道議会の議決を経て、2019年4月に全面施行を目指している。

東京都の条例制定の推進は、2020年の東京オリンピックを控え、いかなる差別も禁止するオリンピック憲章の理念を履行するための側面もあると毎日新聞は伝えた。

条例案には、性的マイノリティ(LGBT)などの不当な差別を防ぐための措置も推進するという条項も盛り込まれていると毎日新聞は付け加えた。


20180915-11.jpg

嫌韓デモ参加者と被害者の出会い。ヘイトスピーチ被害を救済するよう当局に??申請し、嫌韓デモ反対世論の起爆剤の役割をした川崎在住の在日同胞3世最強である女性が2016年6月5日、日本の神奈川県川崎市で嫌韓デモが行われることを知り、男性に手紙を渡している。 (右上楕円表示)この日、嫌韓デモに対する抗議行動が終わった後の発言で(左)男性が被害者の心を知りヘイトスピーチをやめることを願う心で自分の連絡先を一緒に渡したと明らかにした。市民数百人が集まって嫌韓デモに抗議する中、警察に囲まれ困惑した表情を浮かべている。 (右下の赤い丸)


聯合ニュース
https://goo.gl/GgvALA



   特亞ニューストップページへ
特亞ニュースの話題が沢山。