「旭日旗狩り」繰り返す韓国に”忖度”は必要か? 国際的非礼も”報復”とうそぶく「旭日旗狩り」の歴史

76pt   2018-10-11 17:00
ニダアル速報+

12e985af.png1: (^ェ^) ★ 2018/10/10(水) 21:20:10.31 ID:CAP_USER9 https://news-vision.jp/article/189223/


(略)

さて、旭日旗です! 世の中が旭日旗で喧びすしいですね。かの国からの国際慣例を無視した非常識な要求に対し、我が国が毅然とはねのけた件です。

「日本の方が礼儀に欠ける」国際観艦式の旭日旗問題、韓国から非難相次ぐ @recordchinaさんから
— New's vision (@news_vision_o) 2018年10月10日

今月10日~14日まで韓国の済州島で行われる「国際観艦式」には我が国を含め15ヵ国が招待されていました。韓国政府は8月になると「自国の国旗と韓国の太極旗をマストに掲揚するよう」に要求、更に10月3日には「艦尾に旗を掲揚しないよう」求めてきました。

海軍には軍艦旗があり、艦首に国旗、艦尾には軍艦旗を掲揚するのが国際慣例となっているのです。もちろん我が国の自衛隊も自衛艦旗を有します。それが「十六条旭日旗」です。

この軍艦旗は海の男たちの誇りであり、例えば戦闘が始まるとメインマストに軍艦旗が掲げられ、戦意を駆り立てる象徴となります。軍艦旗を降ろすことはイコール降伏です。また、敵から攻撃を受け、退艦命令が出されると、沈没する前に軍艦旗は降ろされ、丁重に畳まれ、艦内に生存する最高位の士官に託されます。

 韓国側の要求は海軍の誇りたる軍艦旗の掲揚をさせない、旭日旗を揚げさせないということなのです。これには日本国中の良識ある人々が怒りました。もっともらしく要求していますが、実に無礼千万! 我が国の旭日旗を掲揚した自衛艦を入港させたくないだけ、国民感情を優先しただけの身勝手な言い分だからです。過去2回の観艦式では、旭日旗は何の問題にもならなかったのに。

自衛隊制服組トップの統幕長「海上自衛官にとって自衛艦旗は誇りとしての旗だ。降ろしていくことは絶対にない」

 →韓国側が求めている国際観艦式での「旭日旗」の掲揚自粛について拒否する考え
— 産経ニュース (@Sankei_news) 2018年10月4日

『海上自衛隊にとって自衛艦旗(旭日旗)は誇りとしての旗だ。降ろしていくことは絶対にない。自衛艦旗については法律上、規則上、掲揚することになっている』 10月4日、河野克俊統合幕僚長は韓国側が求めた事実上の旭日旗の掲揚自粛についてこのように毅然と述べました。

以前にも書きましたが、自衛隊員の国を護る覚悟と気概は、我々の想像をはるかに越えた次元にあります。それは世界中のどの軍隊にも引けを取りません。河野幕僚長の物腰と言動はまさに我が国が誇る「軍人」のそれでした。
 そして迎えた10月5日。就任早々の岩屋毅防衛相は、韓国で開催する「国際観艦式」への海上自衛隊の参加見送りを決定したと発表、同時にその決定事項は韓国政府に伝達されたのです。

自衛艦 韓国派遣見送り 旭日旗自粛「受け入れられず」(1/2ページ) - 産経ニュース https://t.co/asKW50GDub @Sankei_newsさんから
— New's vision (@news_vision_o) 2018年10月10日

私は一国民として、日本国政府と海上自衛隊の判断を断固支持します! と、いいつつも旭日旗を掲げた駆逐艦に威風堂々と済州島へ入港して欲しかった!というのが本音なんですけどね(笑)!

■日本”参加中止”を「独島艦への反発」と捏造する韓国マスコミ

(略)

■国際的非礼も”報復”とうそぶく「旭日旗狩り」の歴史

(略)

■半島有事に日韓スワップ、「旭日旗狩り」がもたらす”最悪の未来”

(略)

引用元: 「旭日旗狩り」繰り返す韓国に”忖度”は必要か? 国際的非礼も”報復”とうそぶく「旭日旗狩り」の歴史

c?ro=1&act=rss&output=no&id=6055119&name
   特亞ニューストップページへ
特亞ニュースの話題が沢山。