ロシア「日本より純度高いフッ化水素売ってやろうか?」 韓国人「大逆転キタ━━━!!」「チョッパリの一人負けw」「もう日本とは断交しても大丈夫そう」

73pt   2019-07-12 12:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

ロシア、日本規制フッ化水素韓国に供給提案


政府関係者「外交チャンネルに提案伝達」
供給成立時の半導体企業打撃減少



20190712-01s.jpg


ロシアが日本政府の輸出規制対象品目ある高純度フッ化水素(エッチングガス)を、私たちの企業に供給することができると提案してきた事実が<ハンギョレ>取材の結果、確認された。

政府関係者は11日、「ロシアが最近、外交チャンネルで自国産フッ化水素を、私たちの企業に供給できるという意思を政府側に伝えてきた。韓国政府も、日本がフッ化水素の供給を中断した昨年11月以降、日本産の輸入を代替するルートを探し続けてきた」と述べた。去る10日、ムン・ジェイン大統領主宰で開かれた経済界の主要人物の懇談会でも、ロシア産フッ化水素輸入問題が言及された。輸入先の多様化対策が議論になったのキム・ヨンジュ韓国貿易協会長が「ロシア政府がもたらすために韓国大使館を通じて「フッ化水素生成は、ロシアが日本よりも優れた技術を保有している。日本産より純度の高いロシア産フッ化水素をサムスンに供給することができる」という意思を伝えてきた」と明らかにしたものである。

フッ化水素は、半導体製造過程でエッチング(回路のパターンの中で必要な部分だけを残して、不要な部分は削り出すこと)と不純物除去工程に使用される。日本政府は、スマートフォンのディスプレイなどに使用されるフッ素ポリイミド、半導体基板を製作する際感光剤に使われるレジストとフッ化水素を輸出規制品目に指定した。私たちの輸入品目のうち、日本産の割合は、レジストが83.2%、フッ素ポリイミドは84.5%、フッ化水素は41.9%にのぼる。

もし、ロシアの供給提案が実現すれば、日本がフッ化水素輸出を規制しても、国内企業が受け取る打撃は大きくないと見られる。

サムスン電子など国内の半導体企業の輸入先も日本からロシアに変わる可能性が大きい。ただし、供給会社を変更する場合、収率(投入数に対する良品の割合で、不良率の反対)を高めるための試験期間が必要で、しばらくは半導体生産量の減少は避けられないというのが業界の方の説明である。半導体の専門家は、「工程に入る化学薬品を変える場合のラインを安定化させるために、6ヶ月程度の期間が必要とされる」と述べた。

政府関係者は、「半導体生産ライン一つを作成するために1兆ウォンほどがかかるため、設備のセキュリティに非常に気を使わなければならない。だからサムスン電子も長い期間の信頼関係がある日本企業との継続的取引をしてきたと聞いている」と述べた。

サムスン電子側は、ロシアのフッ化水素供給提案について「まだ正確な内容の把握がされていない状態」と慎重な反応を見せた。同社の関係者は、「現在使っている製品でなければ品質テストは必須で、高純度フッ化水素は敏感な物質なのでテスト期間だけでも2ヶ月以上かかる」とした。

今年1~5月に国内メーカーが輸入したフッ化水素は価格総額基準で中国産が46.3%で最も多く、日本産43.9%、台湾産9.7%、インド産0.1%であった。





   特亞ニューストップページへ
特亞ニュースの話題が沢山。