日本が「妨害衛生」導入を検討!ロボットアーム、電磁波、サイバー攻撃などで他国の衛生を無力化する構想→韓国人「日本がやって居る事が、妨害ばかりだね」 

13pt   2019-08-19 14:30
世界の憂鬱 海外・韓国の反応


 海外の反応 韓国


日本政府が宇宙空間で他国の軍事衛星を無力化させるいわゆる「妨害衛星」を2020年代に打ち上げる案を検討していると、読売新聞が19日報道した。

読売新聞は複数の日本政府関係者を引用してこの様に伝え、中国やロシアなどがキラー衛星(衛星攻撃衛星)を開発するなど、宇宙空間の軍事的脅威が高まっており、日本政府は防衛力を備える為に妨害衛星の導入を検討していると説明した。

関連・アメリカ人「日本は苦痛こそ神聖」「西欧化しても中世」→韓国人「日本は北朝鮮と同じだ」 韓国の反応韓国人「神風の元と成った“肉弾三勇士”は捏造だった」捏造と歪曲が75年ぶりに明らかになった日本軍国主義の真実をご覧下さい 韓国の反応

e276cde8.jpg

自衛隊は現在、情報収集衛星や通信衛星、測位衛星などを利用し、宇宙空間に大きく依存しているが、衛星の防御力がない状態で、他国の攻撃を抑制する防御力を持つ必要があると判断したという説明だ。すなわち、他国の軍事衛星攻撃に備えた防御用で妨害衛星を導入するという主張だ。

新聞は、日本は2008年度の攻撃を受けた場合に限って防衛力を行使する専守防衛原則を基盤に宇宙開発を推進するという内容の宇宙基本法の制定したと紹介し、日本政府は妨害衛星が専守防衛に当たると判断したと伝えた。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5597388&name
   特亞ニューストップページへ
特亞ニュースの話題が沢山。