【レーダー照射】韓国人「日本の立場では、韓国が味方、中国が敵だぞ?」 韓国には哨戒機大騒ぎをした日本、中国軍自衛隊標的訓練は隠蔽

27pt   2019-08-19 15:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

韓国には哨戒機大騒ぎをした日本、中国軍自衛隊標的訓練は隠蔽


韓国がレーダー照射したと防衛相が会見した一方
5月東シナ海の中国の軍用機日本ターゲット訓練
日本「極めて危険」と判断して隠蔽、公表せず


5月に東シナ海の公海上で、中国軍用機が日本の海上自衛隊護衛艦を標的に攻撃訓練をしたという事実に気付いていながらも、日本政府が抗議しなかったと毎日新聞と東京新聞が19日報道した。

複数の日本政府関係者の証言をもとにした報道だ。


20190819-03s.jpg


毎日によると、日本政府は当時、「極めて危険な軍事行動」と判断したが、自衛隊の情報探知能力と分析能力を隠すために、中国側に抗議しておらず、一般に公開することもなかった。

昨年12月に韓国の軍艦が日本の海上自衛隊哨戒機に射撃レーダーを照準したと防衛相が直接出て記者会見をしていたのとはあまりにも対照的な対応である。

メディアの報道によると、東シナ海海上の日本と中国の中間線付近の中国側ガス田周辺海域で、過去5月末、複数の中国軍JH-7戦闘爆撃機が海上自衛隊護衛艦2隻に接近した。

中国機は攻撃目標に射撃管制レーダーを合わせて自動追跡する、いわゆる「ロックオン(lock-on)」をしていなかったので、護衛艦は、中国側の意図に気付かなかったという。

その後、他の陸上、海上、航空自衛隊所属の複数の電波受信部隊が「海上自衛隊艦艇を標的に攻撃訓練をする」という、中国機の無線交信を受信した。

続いてレーダーで追跡した中国機の航跡、中国基地の電波情報などを分析した結果、「日本護衛艦を標的とした攻撃訓練」と、日本政府が判断したというものである。

東京新聞によると、日本政府は、直後「極めて危険な軍事行動」と判断して、海上・航空自衛隊の警戒監視強化を指示した。しかし、中国への抗議や、実際の公表はなかった。

日本が中国に抗議をしなかったのは、中国との関係改善ムードに水を差したくなかったからと思われる。

安倍晋三首相は昨年10月、日本の首相としては7年ぶりに中国を公式訪問し習近平国家主席と首脳会談を行った。首脳会談で安倍首相は、「競争から協調へ」をスローガンに掲げ関係改善の意志を明らかにした。また、来年春に習首席の日本国賓訪問が予定されている。

2013年に中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦に射撃管制レーダーを照射した時には、日本政府は中国に厳重抗議した。

東京新聞は、「4月に約7年ぶりに海上自衛隊艦艇の訪中が実現されているなど、両国間の信頼構築のための動きもあるが、海洋進出を強化する中国は、東シナ海の軍事行動を回避する考えがなく、予期せぬ事態が起きる可能性がある」とし「偶発的な衝突回避のための防衛当局間のホットライン開設が必要だ」とした。




ttps://ux.nu/oh1Tl
   特亞ニューストップページへ
特亞ニュースの話題が沢山。