【韓国・文在寅大統領】北朝鮮は「扉を閉ざしていない」と楽観的な見通し

0pt   2020-01-14 21:20
キムチ速報

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん:2020/01/14(火) 20:27:42 ID:CAP_USER.net
(CNN) 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は14日の記者会見で、停滞が続く米朝間の対話について、北朝鮮側が扉を閉ざしてはいないと語り、今後の展開に楽観的な見方を示した。

文氏は会見で、軍事挑発の恐れが指摘されるなか、トランプ米大統領が最近、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の誕生日を祝うメッセージを送ったのは良い兆候だと指摘。米朝間で活発な対話が進んでいるとはいえないが、両首脳の関係に変わりはないと述べた。

さらに「北朝鮮は対話再開の条件として要求の受け入れを求める一方、対話の扉は閉ざされていないと明言してきた」と強調した。

文氏は以前から米朝間の仲介役を務めていたが、最近は両者の協議が行き詰まり、役割を果たすことが難しくなった。北朝鮮当局者による「韓国外し」の動きが目立ち、南北関係も悪化している。

文氏はこうした問題を認めたうえで、事態を「引き続き楽観視している」と述べた。

https://www.cnn.co.jp/world/35147979.html
CNN 2020.01.14 Tue posted at 19:21 JST


引用元: c?ro=1&act=rss&output=no&id=4690535&name
   特亞ニューストップページへ
特亞ニュースの話題が沢山。